ダンス・マカブル 西洋暗黒小史|大西巷一

ダンス・マカブル 西洋暗黒小史/表紙 著者/大西巷一

 

【タイトル】
 ダンス・マカブル 西洋暗黒小史

 

【漫画作者】 大西巷一
【ジャンル】 エログロ
【発売日】 2010年 11月
【掲載誌】 コミックヒストリア
【構成】 全2巻/オムニバス

 

【こんなマンガ】

 

「死の舞踏」を意味するダンス・マカブル、中世ヨーロッパの暗黒を描いた短編集。異端審問官は魔女狩りの名の下に、罪のない女性を熾烈に拷問。とある女貴族は若さを求め、少女を拉致しては生き血を絞り取り……

 

 ストーリーあらすじ

 

 

● ジャンヌ・ダルク処刑裁判

 

15世紀フランス、農夫の娘に生まれたジャンヌ・ダルク

 

神の啓示を受けフランス軍に従軍、百年戦争に参加

 

イングランドの捕虜となり異端審問にかけられ、火刑に処される。享年19歳

 

処刑前にレイプ輪姦されるジャンヌ・ダルク

 

火刑にされても見世物にされるジャンヌ・ダルク

 

 

 

● 残虐皇帝カリグラ

 

第3代ローマ皇帝ガイウス・カエサル

 

通称・カリグラ(小さな軍靴の意、幼い頃の愛称)

 

壮大な建設事業と領土拡大に力を注ぐ

 

ローマ市民からは人気が高かったが、狂気じみた独裁者・残忍な性格であったとか

 

紀元41年、将校に暗殺される

 

両親を殺害、帝位を奪ったカリグラ

 

 

 

● スペイン異端審問

 

15世紀スペインの異端審問所長官、トマス・デ・トルケマダ

 

女子供にも容赦なく熾烈な拷問、在職18年間に約8000人を火刑に処したとか

 

すべては神の御心のままに、と……

 

拷問器具・梨で妊婦の膣を破壊する異端審問官

 

 

 

● 鮮血の貴婦人

 

17世紀ハンガリー王国の貴族、バートリ・エルジェーベト

 

若い血(若返り効果)を求め、農夫や下級貴族の娘を惨殺

 

「血の伯爵夫人」の異名を持つ、吸血鬼伝説のモデルになった人物とか

 

事件が公となり幽閉され、衰弱死する

 

血液を絞りとるため、鉄の処女(拷問器具)にかけられる娘たち

 

 

 

● 十字架のイエス

 

紀元前2年~紀元33年の預言者、イエス・キリスト

 

「神の子」を自称した罪によりユダヤ裁判にかけられ有罪判決

 

ローマ政府により磔刑にさる

 

むち打ちにより背中の肉がえぐれた状態で、十字架を背負わされゴルゴダの丘へ

 

絶命する最後の時まで「力ではなく愛に訴えよ」と……

 

手の平に杭を打たれ悶絶するイエス・キリスト

 

 

 

● 聖なる怪物ジル・ド・レ(2巻)

 

15世紀フランス、ブルターニュ地方の貴族ジル・ド・レ

 

百年戦争でジャンヌ・ダルクに協力、救国の英雄と呼ばれたそうな

 

千人にも及ぶ少年への凌辱と虐殺により絞首刑に。「殺人鬼青ひげ」のモデル

 

首を切った少年を死姦する貴族ジル・ド・レ

 

常軌を逸した陵辱を続ける貴族ジル・ド・レ

 

 

 

● 暗殺の天使と首切りの紳士

 

若く美しい女性、シャルロット・コルデー

 

18世紀、フランス革命でジロンド派を擁護したジャン・ポール・マラーを暗殺

 

その美貌から「暗殺の天使」と呼ばれたそうな

 

熾烈な拷問に胸を痛めていた死刑執行人、シャルル・アンリ・サンソン

 

苦しまずに一瞬で死ねる断頭台(ギロチン)を開発

 

ルイ16世、マリー・アントワネットなど革命で破れた王族を次々処刑する

 

涙ながらに、若きシャルロット・コルデーを断頭台にかけ……

 

暗殺の天使シャルロット・コルデー、ギロチンで首を斬られる瞬間

 

 

 

● 魔女狩り将軍

 

1645年、イギリス政府から魔女狩りを任されたマシュー・ホプキンス

 

「魔女狩り将軍」を自称

 

およそ300人もの無実の女性を魔女に仕立て上げて処刑

 

報奨金で荒稼ぎしたとか……

 

膣を覗かれる少女、魔女にでっちあげるマシュー・ホプキンス

 

無実の罪で、絞首刑にかけられた女性たち

 

 

 

 感想と評価

 

 

中世ヨーロッパの暗黒史

 

ジャンヌ・ダルクは元々無知な農村の娘

 

祭り上げられ、責任を負わされ、むごたらしく火刑される

 

とっても痛々しいお話し

 

現代でも似たような構図はちらほら。誰とは言わんけど

 

異端審問官は、神の名の下に熾烈な拷問をくりかえす

 

「梨」なる拷問器具で女性器を破壊したり、乳房を切り刻んだり

 

いわゆる「魔女狩り」という理不尽がまかり通る恐怖はいかばかりか

 

まぁ、現代日本でも魔女狩りはあるよね

 

無垢な少女、子を想う母親が拷問されるシーンが、とにもかくにも痛々しい

 

グロが強烈すぎて、エロを感じるのは余程の変態……

 

 

2巻は男色家のジル・ド・レがハッスルし過ぎ

 

エロはほぼ無し、ただただグロい

 

こんな時代に産まれずに済んだこと自体が幸運なんだろうねぇ

 

なんて、しみじみ思いたい人に読んで頂けたらと

 

ちなみに、ダンス・マカブル (La Danse Macabre)

 

フランスの寓話で「死の舞踏」という意味らしい (by wikipedia)

 

 

 

◆◆◆ ダンス・マカブル 西洋暗黒小史 ◆◆◆

 

【my 評価】 ★★☆ (お勧めしたい良作)

 

【ここがオススメ】

 

 【1】 中世ヨーロッパの虐殺的拷問
 【2】 無知と盲信が、狂信者を産み…
 【3】 死と狂気がうずまくエログロ短編集!

 

「DMM 試読み 1巻2巻」「楽天ブックス