不倫食堂7巻

immoral restaurant 7

 

 

 

【タイトル】 不倫食堂 7巻
【漫画作者】 山口譲司
【ジャンル】 グルメ不倫
【発売日】 2018年3月
【掲載誌】 グランドジャンプ
【構成】 第44~50話

 

 

【こんなマンガ】

 

出張する先々で名物を食べ、ついでに出会った人妻もおいしくいただく営業マン山寺隆一(38歳)開きなおって近寄る女は拒まずラブホへ直行。欲望に身をまかせて……今日もどこかで不倫中

 

7巻 あらすじネタバレ

 

 

● 第44話 混沌と適切(三重県・大とんてき)

 

三重県・四日市市に出張中

 

時はハロウィン、コスプレイヤーがひしめく中、名物「とんてき」と食べに向かう山寺、途中で出会ったのは魔法少女……のコスプレをした人妻

 

すったもんだの末、いっしょに食べに行くことに

 

「とんてき」とは文字通り、豚肉のステーキ。ぶ厚い肩ロース肉をニンニクといっしょに焼きあげ濃厚なソースを絡めたもの

 

そして以前勤めていたメイドカフェに勤めていた彼女

 

「今じゃ自分だけ『社会復帰』して勝手に大人になって……」ラブホテルのベッドで、主人へのグチを聞かされる山寺であった……

 

三重県にて、コスプレ人妻とラブホで不倫する山寺

 

 

 

● 第45話 そりゃ、ずりぃ(岡山県・そずり鍋)

 

岡山県は津山市に出張の山寺

 

品川駅から新幹線で、指定席を間違えていたお姉さんが残していったのは「魯山人の食と旅について」なる小難しそうな本……

 

 

何気なく開いたページに挟まれていたのは「そずり鍋」のメモ

 

メモの記されたお店・桃花に行くと、奇跡的に本を忘れたお姉さんと再会。聞けば、同じ出張族でご当地グルメを食べるシュミも同じ

 

いっしょに鍋をつつくことに

 

そずり鍋に使う肉は、バラ(カルビ)のような脂多めの肉から、筋近くの歯ごたえのある肉まで。それぞれ違った味と食感を楽しめる

 

肉の旨みがぎっしり。締めは雑炊で……

 

山寺の出張の締めは、毎度おなじみ人妻との不倫で……

 

岡山県にて、おなじ出張族のグルメ趣味な人妻と不倫する山寺

 

 

 

● 第46話 自由にモジモジ(秋田県・十文字中華そば)

 

秋田県の横手市に出張

 

小耳にはさんだ「十文字中華そば」を食べたくて、十文字市へと足をのばす

 

しかし目的の店は定休日。たまたま出会った人妻に助けられ、地元民おすすめ店「三角そば」まで連れってもらえることに

 

「かん水」を使わない熟成麺に、

 

「焼干し」から取った出汁が絡んだ優しい味のラーメン……

 

麺をすする人妻の、色っぽい唇に欲情した山寺

 

奥さんのカラダも高温熟成されていたとか……

 

秋田県・十文字市の人妻と不倫する山寺

 

 

 

● 第47話 藻屑が似てる(秋田県・モクズガニ)

 

まだ、十文字駅にいた山寺

 

会社からの指示で、急きょ亡くなったお得意先の社長の葬儀に加わることに。秋田に一泊、喪服はレンタルで調達して……

 

 

地元名士の葬儀で、多くの参列者の中、ひとり涙を流す女性

 

「社長に夫婦そろってとてもお世話になっていましたから……」

 

と言う彼女に誘われて、文化財にも指定されている温泉宿「樅峰苑」でモクズガニ(川ガニ定食&川ガニの唐揚げ)をいただくことに

 

上海ガニの親類だから味も濃厚とか……

 

亡くなった社長の代わりにご相伴になることになった山寺、彼女のカラダも亡くなった社長に代わりいただくことに……

 

亡き社長の不倫相手(人妻)と不倫する山寺

 

 

 

● 第48話 スパンコールの喝采(北海道・スパカツ)

 

サラリーマン生活15年目にして、初めて北海道に出張

 

釧路空港に降り立った山寺

 

取引先のお嬢さんに案内されて、海鮮市場で家族へのお土産もバッチリ用意、海カゼで吹雪いて底冷えする中「熱々を食わせてやるべぁ」

 

地元民おすすめの定食屋へ

 

スパゲッティーミートソースにチキンカツを乗せた「スパカツ」

 

釧路っ子のカラダの半分はスパカツで出来ているそうな……

 

同じくいただいのは取引先のお嬢さん……ではなくそのお姉さん。漁師の夫の帰りを待ちわびて、夜泣きするカラダを持て余した女熊(肉食系)……

 

初めての北海道・釧路市への出張にて、極寒の地で肉食系人妻と不倫する山寺

 

 

 

● 第49話 下記、お越しください(岡山県・カキオコ)

 

岡山県・日生(ひなせ)町は全国屈指のカキの町

 

「日生近くまで来てカキを食わない手はない…カキオコをいただこう」と山寺

 

「カキオコ」とはカキの入ったお好み焼き

 

備前市日生町の名物グルメ。ソースの甘みとクリーミーなカキに、キャベツのシャキシャキ感がベストマッチだとか……

 

 

となりのお姉さんが食べていたのは、焼きそばにカキを乗せたカキちゃんぽん

 

「お持ち帰りもできますから」とおすすめされて、お姉さんの「熟れたカキ」もお持ち帰りしておいしくいただいたとか……

 

岡山県・日生町、カキのようにクリーミーな人妻と不倫する山寺

 

 

 

● 第50話 入れモン捨てきれず(長崎県・レモンステーキ)

 

長崎県は佐世保市

 

外国人バーやらジャズバーやらが建ち並ぶ、異国情緒あふれる町

 

酔っぱらい軍人に絡まれるお嬢さんを助けたのは山寺(剣道一級・柔道茶帯)……ではなく、気風のイイお姉さん・奈緒美スティックマイヤー

 

 

ただ脅えるばかりで顔面蒼白の山寺、気付けばそこは定食屋

 

「あれ 覚えとらんと? 旨いもん食べたかってうわごと言いよったけん」と奈緒美に連れられ佐世保名物・レモンステーキを食べに

 

タレの甘みに肉汁の旨み、レモンの酸味が混然一体

 

ごはんに絡めると最高とか……

 

軍人の妻までおいしく食べて、震えっぱなしの佐世保出張だったとか……

 

長崎県・佐世保市、軍人の妻と不倫して顔面蒼白の山寺

 

 

→【不倫食堂1巻/ネタバレ

 

→【不倫食堂2巻/ネタバレ

 

→【不倫食堂3巻/ネタバレ

 

→【不倫食堂4巻/ネタバレ

 

→【不倫食堂5巻/ネタバレ

 

→【不倫食堂6巻/ネタバレ

 

→【不倫食堂8巻/ネタバレ

 

 

7巻 感想と評価

 

 

出張して、地元のウマいもん食べて、出会った人妻と即ラブホ

 

毎回、同じパターン

 

「ご当地グルメ」がメインで、エロはオマケ程度って感じかな

 

「そんなに全国各地に出張することなんてあんの?」とか「毎回出会って数分でラブホ直行は不自然では?」とかツッコミどころは山ほど

 

むしろ「つっこんで下さい」を言わんばかり

 

グルメで、おバカで、エロい漫画なのですよ。気軽に楽しむにはもってこい。まさに忙しいサラリーマン向けの大人なグルメマンガ

 

 

 

◆◆◆ 不倫食堂7巻 ◆◆◆

 

【my 評価】 ★★☆ (お勧めしたい良作)

 

【ここがオススメ】

 

 【1】 全国各地に出張する営業マン・山寺
 【2】 地元名物・ウマいものを食べまくり
 【3】 ご当地人妻とヤリまくりの不倫グルメ!

 

DMM 試し読み」「楽天ブックス