食糧人類|蔵石ユウ×イナベカズ

食糧人類

 

 

【タイトル】 食糧人類
【ジャンル】 スプラッタホラー
【作者】 蔵石ユウ・イナベカズ
【連載】 2016年 ~
【掲載誌】 Eヤングマガジン
【コミック】 最新刊 6巻

 

【my 評価】 ★★
(評価基準)
☆ 普通 (まあまあ)
☆☆ 良作 (お勧めしたい)
☆☆☆ 名作 (中毒性がある)

 

【ここがオススメ】
【1】 日常から恐怖のどん底へ…
【2】 人肉工場に送られる一般市民
【3】 工場脱出、男たちが見たものは…

 

 

 ストーリーあらすじ

 

 

伊江
友人カズと町からバスに乗って帰宅途中、ガスで車内全員眠らされ気が付いたら「人肉工場」の加工現場…… マスクのおかげて他より早く意識が戻るもすぐに捕まり、「飼育室」送りに……

 

食糧人類・伊江1 食糧人類・伊江2

 

 

カズ
バスで眠らされてのち、先に飼育室に送られたらしく伊江と再会した時には家畜のようにでっぷりした姿…… 食糧(ホースから出る液体)を摂取すると思考力を奪われるらしく……

 

食糧人類・カズ1 食糧人類・カズ2

 

 

ナツネ
飼育室に送られた「家畜」のひとり、カズに促され液体を飲もうとする伊江を止め、外部の情報を得ようと探りを入れる。しかし伊江を助ける気は毛頭なく、用済みとわかると……

 

食糧人類・ナツネ1 食糧人類・ナツネ2

 

 

山引
ナツネと同じく飼育室で正気を保ち、脱出の機会をうかがう男。暴力的なナツネと比べれば物腰やわらかな紳士だけど、言葉の端々に男色家らしき性癖が……

 

食糧人類・山引1 食糧人類・山引2

 

 

恐怖の人肉工場……

食糧人類・人肉工場1 食糧人類・人肉工場2

 

 

人類を家畜にしてるモノの正体は……

食糧人類1 食糧人類2

 

 

 

 感想&ネタバレ

 

 

人知れず生きた人間が工場に送られ、家畜のごとく飼育・解体・加工されてゆくショッキングな漫画。解体・加工の現場が妙に生々しくて恐ろしい……

 

捕まって工場送りになった時点ででっぷりした人間はそのまま冷凍保存され、細くて健康な人間は飼育室で太らせてから加工…… という流れみたい。

 

幸運と言っていいのか分からないけど、飼育室送りになって一命と取りとめた伊江とカズ。工場脱出を企むナツネ・山引の2人のあとをついて飼育室からの脱出に成功する。

 

カズは飼育用の液体を大量に飲んで廃人化してるけど……

 

工場職員になり済まし飼育室から脱出した4人、その先で見たのは生殖するためだけに飼われている若い女たち、射精するためだけに生かされている屈強な男たち。

 

さらに人間よりはるかに高い知識と知性を持ち、人間を食糧とするため家畜化して生きるおぞましい生物たちの存在が明らかとなり……

 

1巻にしてネタが割れちゃったから、サスペンスというよりはホラー路線のマンガだと思う。でも、人肉加工と家畜化の工程にリアリティがあってマジ恐怖。

 

何だかんだ言って一番怖いのは人間が人間に対してする仕打ちだけどね。

 

 

 

◆◆◆ 食糧人類 ◆◆◆

 

【my 評価】 ★★☆ (お勧めしたい良作)

 

【ここがオススメ】
【1】 日常から恐怖のどん底へ…
【2】 人知れず人肉工場に送られる一般市民
【3】 工場脱出を図る男たちが見たものは……

 

DMM 試し読み」「楽天ブックス